外壁改修におすすめはココだ!

おすすめは何?業者の選び方は?外壁改修のススメ!

外壁改修ってどんな施工?

外壁改修の種類

建物に不備が見つかったら外壁改修を依頼する、それはとても良い事ですが施工にもいくつか種類があるのは知っていますか?不備によって改修方法が違いますし、もちろんコストも異なります。
ひび割れ・浮き・爆裂に関しては薬剤を使って周り埋めるのが一般的です。但し壁が傷んでいる場合は補強を行いながら、新しい壁を作る方法もあります。
またタイルの剥落防止として挙げられる補強施工や、防水性の高い薬剤を塗る事で建物の寿命をアップさせる事が出来ます。
他にも遮熱塗装・美観修繕・目地割れ補修と言った施工があります。不備のある建物にはどの施工が必要なのかを担当者をしっかりと話し合う事が重要です。担当者が施工について説明してくれるのがほとんどなので、気軽に相談をするのも良いでしょう。

施工の流れとは?

外壁改修の施工が決まったら、まず初めに足場を組みます。建物の高さに合わせて組んでいくので、かなりの大作業になります。続いてはメッシュシートを貼って、近隣の建物や設備に塗料が飛び散らない様にします。
シートを貼り終えたら高圧洗浄機を使って外壁の汚れをしっかりと落とします。この洗浄を怠るとは剥離の原因になります。その後、クラックシーリング・ビニール養生が終わったら下地で、接着性を強化します。
そうして主剤を塗装するのですが実は塗装は1度では無く、複数回に分けて塗ります。こうする事でより密着し、ムラの無い美しい状態を維持出来ます。
塗装が完了した後はメッシュシートを取り除き、最終確認をすれば外壁改修は完了です。


この記事をシェアする